楽園コリア(株)のネット会員約款



第 1章 総則

第1条 目的

本約款は 楽園コリアが サイト上で提供するすべての情報とサービスの利用条件及び

手続きに関する事項とその他必要な事項を規定することを目的 とします。

第 2 条 約款の效力と変更

  1. 約款は楽園コリア(株)のインターネットサービス画面を通じて掲示するか、利用者に直接公示することでそれと同時に效力が発生します 。
  2. 会社は経営事情変更の場合と営業中重要問題が発生した場合約款を変更することができ 、変更された約款は前項と同等の效力を発揮します。


第 3条 約款

  1. 本約款に明示されてない事項が関係法令に規定されている場合にはその規定によります 。


第 2 章 サイトサービス利用

第 1 条 利用契約の成立

サービス利用契約は利用者の申し込みと、それに対する会社の応諾そして利用者の

約款内容に対する同意のもとで成立します。


会員として加入してサービスを利用しようとする希望者は会社で要請する個人情報を

提供しなければなりません。

  1. 本社が会員様の利用申し込みを応諸するようになれば次の各項目の事項を 利用者に通知します。

    @ 利用者 ID
    A サービス利用開始開始日
    B その他会社が必要だと認める事項
  2. 会社は次の各項にあたる契約申し込者に対しては会員の承諾を致しかねません。
    @ 他人の名義で申し込んだ場合
    A 利用契約申し込みで虚偽の内容を記入したり虚偽書類を添付して申し込んだ時
    B 社会の一般的秩序または健全な良俗をおかす目的で申し込んだ場合
第 2 条 サービス利用



サイトサービスは業務上、技術上に特別な障害がない限り年中無休、

1日 24時間提供することを原則とします 。

上記のサービス 利用時間は定期点検などの必要に応じて本社が会員の皆様に

事前に報告した後制限されます。


サイトのコンテンツは非商業的, 個人目的の用途を除いてコピー、再編などを禁じます。

第 3 章 義務と責任

第 1 条 会社の義務

会社は特別な事情がない限り、利用者が申し込んだサービス提供開始日に

サービスを利用できるようにします。


会社はこの約款で決めたことによって継続的、安定的にサービスを提供する

義務があります。


会社は会員の個人身元情報を徹底的に厳守し良質のサービス運営やサービスを

改善する為だけに使い会員の承諾なしに他人に漏洩, 配布してはなりません。


ただし電気通信関連法令など関係法令によって関係国家機関などの要求がある場合には

該当しません。


会社は利用者から申し立てられる意見や不満が正当だと認められる場合には

直ちに処理しなければいけません.。

又、処理の時 一定期間を必要する際には、会員にその理由と処理日程を知らせな ければなりません。

第 2 条 利用者の義務

ID とパスワードに関するすべての管理の責任は会員の方々にあります。


利用者の身元情報を変更する際には、会員変更欄に必ず本人が直接修正して

登録していただきます。


会員の ID が不正に使われた場合、会員は必ず会社にその事実を

知らせる義務があります。


利用者は本約款及び関係法令で規定した事項を尊守しなければなりません。

 

第 4 章 契約解約及びサービス利用制限 第 1条 契約解約及び利用制限

会社は利用者が次の事項にあたる場合、報告なしに利用契約を解約し、

または期間を決めてサービス利用を中止することができます。
 

*公共秩序及び良俗を違反する場合。


*犯罪的行為に係わる場合。


*利用者が国益または社会的共益をおかす目的でサービス利用を計画または行う場合。


*他人のサービス ID 及びパスワードを盗用した場合。


*他人の名誉を棄損する不利益を与える場合。


*一人の利用者が他の ID で二重登録をした場合。


*サービスの健全な利用を阻害する場合。


*その他関連法令や会社が決めた利用条件に背く場合。



第 2 条 利用の制限及び解除手続き

会社は利用制限をする際にはその理由、日時及び期間を決めて書面または

電話などの方法を通じ該当の会員または代理人に知らせます。


ただし、 会社が緊急に利用を中止しなければならない必要があると認められる場合には

前項の過程なしにサービスの利用を制限することができます。


第 4 章 第 1条の規定によってサービス利用中止の通知を受けた会員またはその代理人は

利用中止に対して異意がある場合、異意の申し込みができます。


会社は利用中止期間中にその利用中止理由の解消の確認がとれた場合に限り

利用中止措置を直ちに解除します。

 

第 3条 利用者の掲示物

会社は利用者がサイト上に掲示するものや登録する内容が

次の各事項に該当するとされた場合事前通知なしに削除することができます。


*他人を誹謗したりデマで名誉を棄損する内容がある場合。


*公共秩序及び良俗に違反する内容がある場合。


*犯罪的行為に結付されると認められる内容の場合。



 付則

施行日 : この約款は 2002年 10月 1日から施行します。